2009年08月05日

葬儀サービストラブルの具体的な事例

独立行政法人 国民生活センターは平成18年6月22日、記者説明会を開き、増加する葬儀サービストラブルの具体的な事例を公表しました。
 不明瞭な料金体系など費用に関すること、突然の出来事に時間的・精神的な余裕がなく慌しく進められ、内容の確認ができなかったなど・・・

 @ 葬儀社のペースで高額に・・・
 突然のお葬式に動揺したまま葬儀社と打ち合わせをし、知らず 知らずのうちに葬儀社のペースに巻き込まれてしまって、こち らの考えとは違う金額になっていたというケースが多発してい ます。

 A 思いとは違ったお葬式に・・・
 慌しく葬儀の準備に追われ、終わって気づいてみるとこちらの 考えていたお葬式とは違うものになっていた・・ということも よくあるようです。

<相談事例 @ 虚偽説明>
 身内に急な不幸があり、病院指定の葬儀業者に遺体の引取りを お願いした。葬儀のことを決めるときに、冠婚葬祭互助会に加 入している旨を伝えたところ、それを利用できるという説明を 受けたので、当該事業者にお願いしようと考えたが、こちらが 調べると利用できないことが判明したので断った。しかし事業 者からは10万円という違約金を請求され不満。クーリングオフ はできないか。(60歳代、男性、給与生活者)

<相談事例 A 無断で葬儀を施行>
 父の葬儀で依頼した覚えのないサービスや商品をつけられ高額 の請求をされた。病院から自宅までの搬送を頼んだのに、勝手 に葬儀の準備に入ってしまった。一番安いランクでよいと伝え たのに次々付属品がついて高額になった。会葬者へのお礼状も 100枚と伝えたが、足りないと失礼になるといわれ300枚も作っ てしまった。斎場職員への心づけを5,000円の3人分と強要され て渡した。(30歳代、男性、給与生活者)

<相談事例 B 高額な請求>
 12月に母が亡くなった。葬儀社に見積もりを頼んだら、150万円 位、葬儀費用はどんなにオーバーしたとしても最高で180万円位 だろうと言われた。180万円は払えないので、ランクを落とした り、あまり必要のないものは削ったりし、最高でも170万円とい われる金額にした。ところが、請求書の金額は218万円だった。 説明を求めたが、内訳は請求書を見るよう言われるだけであっ た。折り合いがつかないので、180万円だけ振り込んだところ、 内容証明で残金の請求があった。
 (50歳代、男性、給与生活者)

<相談事例 C 事前に説明のない追加請求>
 高齢の父が死亡した。病院から紹介された葬儀社と契約、引っ 越して間もないので何も分からず、とにかく質素に行いたい旨 を葬儀社に話し、50万円コースを契約した。何の説明もなっか たが、葬儀の全てが行われると思った。祭壇や遺影の額縁が立 派で驚いていたが、150万円の請求がきた。
 (50歳代、女性、主婦)

<相談事例 D 根拠の不明な請求)
 葬儀時に心付けが事業者の見積もりに含まれていて強制的に支 払わされた。事業者に問い合わせたところ、火葬城の方から請 求されるという。火葬場事業者に聞くと、強制的に請求するこ とはないという。納得できない。
 (60歳代、男子、給与生活者)

<相談事例 E 強引な勧誘>
 1年前主人を亡くした時の葬儀業者の対応が不誠実だった。遺体 が安置されている病院に白衣を着た人が来て遺体を葬儀場に持 って行くのかどうするのかとまくし立てられるように言われ  た。判断できないまま承諾し遺体を持っていかれた。親戚の人 たちにその必要はないと言われ、その後遺体を持って帰った  が、突然の不幸でパニック状態になっており、そこにつけこむ ようなやり方は納得できない。(40歳代、女性、家事従事者)

<相談事例 F 説明不足>
 母の葬式に際し、価格表も見せられず次々に言われるままに契 約となってしまった。葬式の忙しさで動転していたため良く分 からず契約してしまった。棺桶、祭壇その他価格表がなく、た とえば「棺桶はこれをお願いします」と注文するとそこで始め て価格が分かる状態であった。契約書に署名済みだが金額がか なり高額になってしまった。このようなやり方は不当ではない か。(40歳代、男性、給与生活者)

 などなど。
posted by ceremoll at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀トラブル事例

2009年07月29日

増加する葬儀サービスのトラブル

 ご挨拶の中でも述べていますように、ご葬儀を終えられた方の約8割が葬儀社に不満を持たれています。消費者生活センターに寄せられる相談件数は年々増加し、独立行政法人 国民生活センター及び公正取引委員会は実態調査を行い2005年7月、「葬儀サービスの取引実態に関する調査報告書」において、その内容を明らかにすると共に事業者や消費者に留意点を公表しています。
 しかし、調査報告書が公表されたにも拘らず、行政及び業界団体や事業者の「お客様視点」に立った改善の取り組みは、一向に進捗していないとの指摘を受けています。
 当センターでは公表された具体的なトラブル事例を明示し、問題点とトラブルを避けるためのアドバイスをいたします。
posted by ceremoll at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀トラブル事例

2009年06月18日

喪家として、会葬者としての心がけは・・・

 ご葬儀は、突然訪れる非日常的な出来事です。それだけに事前準備が必要です。事前準備が問題解決の最善方法であると考え、下記の活動・事業を行っています。

「ご葬儀の手引き」の無料配布
ご喪家にとっては、突然の出来事に対し、ご遺体の搬送依頼から始まるご葬儀の準備をしなければなりません。万が一のことが起こった場合、ご遺体の安置場所はどのように考えたらよいのか。ご自宅にお寝かせできるのか、斎場にご安置するのか。準備に必要な物は何かなど。
通夜・葬儀の準備、進行におけるご遺族と葬儀社の役割、葬儀後の挨拶回りや手続きなどを分かりやすく説明した「ご葬儀の手引き」を無料配布しています。

「お葬式のマナー」の無料配布
 突然に訃報の知らせを受けたとき、どのような心がけで通夜・葬儀に参列すればよいのか、お困りになられたことはありませんか。
 ご会葬に際しては、参列する際の服装、ご遺族への励ましの言葉、ご焼香の作法、熨斗袋の書き方などしきたりに則った失礼のないマナーを守る必要があります。参列者の心掛けを詳しく説明した「お葬式マナー」を無料で配布しています。

「後悔しないためのお葬式講座」の開催
 お葬式をされた方の約8割が、葬儀社又は葬儀に不満をお持ちとのアンケート結果が出ています。
 万が一の時、お客様は時間的精神的余裕もないなか慌しく葬儀社を選択しなければなりません。価格や葬儀サービスなどご葬儀の満足度は、葬儀社の選択で全てが決まるといっても過言ではありません。
 お客様がお葬式で後悔されないために、葬儀業界の現状やトラブルの実態、その要因や解決方法などをお知らせし、正しい葬儀社選びをしていただくためのセミナーを定期的に開催しています。
 現在取り組んでいるセミナーは、下記のような内容です。
@ 家族葬とは? 
  家族葬の定義と心がけについて
A 葬儀費用のカラクリについて!
  不明瞭といわれる葬儀費用の内訳や見分け方について
B 葬儀トラブルの実態!
  国民生活センターの記者会見や新聞記事を元に、トラブルの  実態をお伝えし解決方法を探ります。
  その他、エンディングノートの書き方や後見人制度、尊厳死  についてなどのセミナーを開催しています。ご利用下さい。
posted by ceremoll at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動内容

お客様の「ありがとう」が私達の喜びです。

 まずはじめに、このサイトは、世界に類を見ない高齢化社会を迎え、葬儀に関する価格やサービス、葬儀社の選択において、消費者の皆様が不利な立場におかれている現状を考え、「葬儀に関する本物の情報を提供する場」として開設したものです。ご葬儀で後悔しないために活用していただければ幸いです。

 公的機関の「葬儀に関するアンケート調査」によると、葬儀を済まされた方の約8割の方が葬儀社に不満を持たれているとの結果が出ています。「葬儀後、多額の追加料金の請求があった」「価格が不明瞭だった」「葬儀の段取り、進行が分からなかった」など。この結果は私ども葬儀業者にとって不名誉な事であり、最も悲しいことです。しかし、現実はしっかりと受け止めていかなければなりません。

 さて、皆様は、葬祭事業それ自体が許認可事業でもなく、届け出も必要ないことをご存知でしょうか。
 人生の最終章を飾り、新たな人生の旅立ちの最も重要な儀式をお世話する葬祭事業が、何の法的な制約もないことは驚きです。このことは法的に野放し状態で、葬儀価格やサービスに統一性もなく、各葬祭事業者が自由に価格設定ができ、あたかも他社より安いように見せかけるチラシが出回るなど、お客様の不信の要因になっていると考えます。

 私共は、昭和58年に創業し、今日まで約4,100名様のご葬儀のお世話を誠意を持ってさせていただき、「ありがとう」の感謝の言葉を多く頂いて参りました。今日の過当競争の時代においても、多くの方々からご相談が寄せられています。大半の方が私共でお世話をさせて頂いた方やその方々からのご紹介です。本当にうれしく思います。

 いまや時代は情報公開の時代です。お客様の葬儀社選択のお役に立つよう不透明で不明瞭と指摘されている葬儀価格やサービス内容、葬儀関連情報を「お客様目線」で分かりやすく説明し、お伝えすることは葬祭事業者の責務だと考えています。

 これまでの経験を生かし、さらに心をこめて、1人でも多くのお客様から「ありがとう」の感謝の言葉を頂けるよう、皆様のお役に立てる「本物のご葬儀情報」を提供して参りますので、ご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。

               お葬式無料情報センター福岡
                     代表 北田 織
posted by ceremoll at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ご挨拶